週刊ガスキー

毎週更新(大嘘)

2021年3月 買ったもの zenfone7とか箱切名人とかの話

3月は新生活に向けて散財する月なので散財した。別に新生活感もなにもない生活してるけど。

 

 Zenfone7

 ASUS公式ショップで購入した。キャンペーン中で1万円引きかつ5000円位するAIノイズキャンセラーマイクアダプターと350mlのタンブラーとSIMがおまけでついてきて8万ないくらいの値段だった。

ノイズキャンセラーはいらないからもう5000円安くしてくれれば良かったが、在庫処理か何かだろう。SIMは申し込みするとASUSの回線で契約できますよみたいなヤツだけれど、契約はしないので全く関係はない。地味に350mlのタンブラーは使い勝手が良くて重宝している。

 

性能に関してはこんな感じ

f:id:gasuki432:20210319224355j:plain

f:id:gasuki432:20210319224400j:plain

f:id:gasuki432:20210319224404j:plain

 

以前使っていたのはZenFone Max (M2)。20000円弱の格安スマホで2年以上使えた良スマホだった。機種変更に至った理由はこいつの容量が32GBしかなくてウマ娘入れたら容量完全にパンクしたってのと、いよいよスペックが今のゲームに合わなくなってきて辛かったから。ウマ娘の動作がカクカクだったり、ハースストーンのバトグラやってたら攻撃処理でありえんくらい時間食ったりするのに絶望して機種変更を決めた。

 

 

・処理能力

使っていてはっきり解るくらいにはスペックが上がっている。数字だけ見てもわけわからんって人が大半だろうし、どんな感じの動作の差があるかは動作見たほうが早い。

 

zenfone7


(音出ます)

 

 ZenfoneMax

(音無し)

 

最初から動画かなりヤバいので全部見るまでもない。2年使ったとはいえこのカクカク具合で数日ウマで遊んでたなと思う。

 

Zenfone7には動画キャプチャー機能が最初からついてたり、スマホ内の音だけ拾ったりもできるのでありがたい。maxにはその機能がないので外部アプリ使った。外部アプリを使うと生活音も拾うので音は消したり加工したりしていたが、その煩わしさからも開放されたのは大きい。

 

・バッテリー

両方とも5000mAhだったけれどやはり2年の劣化でmaxはかなり消耗していた。アプリ計測で80%くらいしか最大でも無い。朝8時から使い始めたら大体12時には20%切るくらいだった。あとmaxはバッテリーが20%切ると処理が重くなり、10%切るとどんなゲームでもカクカクになる。

 

新品の携帯のいいところはやっぱりバッテリー健康度100%のパワフルさが味わえるところ。1日使っても20%切らないし、なんなら高速充電対応してるからUSB3.0つないでクイックチャージすると30分もしないうちに70%くらい充電できる。素晴らしい。

 

・カメラ 

猫写真をよく撮るけれどmaxのカメラ画質は1200万画素と低めで普段使いして写真撮っててもなんか荒いな~と感じることがあった。

7は6400万画素と5倍近い差がありかなりきれいに撮れる。

フリップ機能はあるとまあ面白よねってくらい。

 

あと今まで手帳型ケース使ってたけど今回はこのフリップカメラの都合でカメラの部分にもスライド式のプロテクターのあるASUSが共同開発した専用ケースを使っている。手帳型に慣れてしまったためになんか使い勝手が悪い。なんだかんだで手帳のポケットに社員証とかSuicaとか入れて活用してたのに慣れてしまっていたんだなと実感した。

 

無線LAN子機 

今まで使ってたUSBメモリみたいな形した子機は数年使ってたら持ち運びの際にぶつけたか分からないけど接続部分がグラつくようになってから10分に1回接続切れになるのが頻発。ハースストーンのラダー中に接続が切れてそのまま負け~みたいなのが10回くらいあってブチギレてそのままウイスキー一気飲みしてアマゾン開いて購入した。

接続障害がなければ今頃レジェヒットしてTOP10入して世界大会の切符を手にしていたのに。

あとBUFFALOのヤツ買ったと思ってたら知らないメーカーのだった。 

 

箱切り名人

 メルカリとかヤフオクとかで出品するときにサイズに合うダンボール探したり買ったりするのが面倒になったので購入。最初から買っておけばよかったと思うくらいに利便性が高い。高さ固定で横一閃にミシン目を入れられるグッズ。

スーパーとかでダンボールもらってきたやつで発送する際にいちいちカッターで加減して切ったりしてたけれど、貫通したり強度弱くなったりして結局失敗してゴミが増えるのを防げるようになった。

購入に至った経緯はオーディオ系の出品したときにダンボール加工に失敗して

”/^o^\フッジッサーン”

みたいな台形になっちまってそのまま送った時。特に何も言われなかったけれど、コレはやべーなって発送する直前までビビってた。あと普通に加工にかかる時間がしんどすぎる。

 

カミナギ・リョーコ/アルター

ゼーガペイン カミナギ・リョーコ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)

ゼーガペイン カミナギ・リョーコ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)

  • 発売日: 2007/09/27
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 みんな大好きゼーガペインのヒロインのカミナギ・リョーコのフィギュア買った。

ヤフオクで3000円で落札。アホみたいに安い。このフィギュアはフィギュア熱が高まるずっと前から欲しくて買いたい候補に入っていた。アマゾンには昔から1万近くで残り在庫1の状態だったと思う。アルターさんの制作でかなり評判は良い。

実際に届いてみて開封したところ傷もホコリもなくてとても良かった。そして何より表情がいい。佇まいがいい。カメラ持ってる元気なカミナギのフィギュアは家にあるけれど、こちらのがなんか、良い。

レディ....GO...!ギューンギャーンギューンギャーンギューンギャーーーン!!!!狙え~~!!!!+50G!!!!!