週刊ガスキー

毎週更新(大嘘)

読んだ漫画 双亡亭壊すべし/天国大魔境 情報の出し方について 20/05/21

 双亡亭壊すべし (17) 

 

1~15まではまとめ買いして一気読みした。サンデーうぇぶりで3巻まで無料だったので1~3は本では未所持のままだが。

双亡亭というバケモノ屋敷をぶっ壊さなくちゃならないという話。

一気に読んで滅茶苦茶面白いやんけこの漫画!と思ったけれどインターネッツ上での評判はすこぶる悪い。なんでやねんと思ったけれどこの16~17をリアルタイムで待つと大体わかった。話の展開が滅茶苦茶遅い。

キャラがバラバラに行動している期間が長いので、読者側にまず一方的に情報が提示される。たまにキャラが得た情報はかなり意味ありげに持ち越されて提示されない。その持ち帰った情報を他のキャラに伝える作業がまた入って、二重に同じ話を聞く。隠された情報はかなり重要なキーポイントとなるようなもので、そこで得た情報をもとに行動の方針をようやく立てて~とかなりの手間を踏んでいる。

だいたい他の漫画では割愛する部分を”マジ”でイチからキャラが説明しだすので「さっき聞いたよ・・・」と読者側は思う。まあ週刊誌なので実際は数週ぶりにその話出てきたな、位の感覚だろうがその「説明」に1話使われてテンポが悪くなる。

それがまあ藤田漫画の作品感だと捉える人もいるだろうし、一気に読む分には滅茶苦茶面白くてハラハラするストーリーなんだけれど、テンポの部分が相当評価に影響してしまっている感は否めない。

 

 

ちなみにこの17巻では10話収録してて、

緑郎の魂が肉体に還って応尽と戦ったけど倒せず機械奪われて「なにか」に緑郎が気が付いたけどそれは持ち越し。大臣たちと電話。屋敷を壊すとゲートが擬似的に開くという「なんで過去とつながったり飛行機が飲み込まれたりしたんだ?という一連の疑問の解消」を挟んでようやく屋敷内に再突入だ!という展開でした。 16巻よりは話進んだし面白かった。

 

 

情報開示と共有についてもう少し話すと、

天国大魔境はその点ものすごく優秀というか、見せ方/出し方が上手い

天国大魔境(4)

天国大魔境(4) (アフタヌーンKC)

天国大魔境(4) (アフタヌーンKC)

  • 作者:石黒 正数
  • 発売日: 2020/05/22
  • メディア: コミック
 

 

 ざっくりあらすじを書くと、”ヒルコ”と呼ばれるバケモノによって世界治安が崩壊した世界で探し人を求めてさすらうお話。放浪者のキルコとマルのパートと、天国(?)の学園パートとの二部構成になっている。

キルコたちはヒルコと戦いながら命からがらの生活を送っているのに対して、天国側の子どもたちは管理者の先生達の監視のもと不自由ない生活を送っている。1巻の段階では薄々ヒルコを作り出したのはこの学園の先生たちなんじゃないか、みたいな想像を膨らませることになるが具体的な情報は読者にも、もちろんキルコたちにも提示されない。

マルは「天国」を探して旅をしているがそれがどんな場所なのかも解ってはいない。安全な水がたくさん飲める場所が天国だとか、ヒルコが出てこない場所がそうだとか想像ながら旅をしている。唯一の情報は銃に印されたマークだけで、後は旅をしながら情報を集めていくしか無いのだ。

しかし読者側には放浪者達には知り得ない情報が学園パートで一気に提示されていく。しかしそれらがどこで結びついていくんだ・・・?と思っていると、1巻では2巻の途中で、さらに3巻の途中で・・・というように段々と結びついてくることが出てくる。

 

そしてこの4巻ではついにヒルコの正体と、印のある「学園」を見つけ出す。明らかに技術力やら時代(時期)に差があるのではないかと思わせる部分も「謎」のスパイスとして効いていて面白い。読者と主人公たちの「知りうる情報と謎の部分」が一致している期間が短いので「ここでこれが出てきたということは・・・?」「そこを調べればいいのでは?!」と読者が思ったときには主人公たちもそこにたどり着き調べ始める。ラグが少ないので読んでいてワクワクが持続される。情報の出し方が上手いなと思う瞬間だ。

 

古見さんは、コミュ症です。(17)

 エモすぎて江守徹になったわね・・・

 

 好きな子がめがねを忘れた(5)

    エモすぎる

 いとあはれなり 

    恋心 

       マンガスキー 

 

おりたたぶ (2)

こんちき先生のメカ描写(自転車の細部にまでこだわっとる部分)すごく好き。

あと女の子がかわいい。

カバー裏の漫画が、こんちき先生エロ漫画家やったなと思わせるエロさで良かった。

 

 

 SPY×FAMILY(スパイファミリー) (4)

SPY×FAMILY 4 (ジャンプコミックス)
SPY×FAMILY 4 (ジャンプコミックス)
  • 作者:遠藤 達哉
  • 発売日: 2020/05/13
  • メディア: コミック
 

ボンドかわいい。

アーニャかわいい。

 

 

おわり