週刊ガスキー

毎週更新(大嘘)

Oculus Quest 2/動いたPCスペックと導入とR18のアレ

Oculus Quest 2を購入した。

 

 

 10月15日発売のOculus Quest 2の256GB(以下OQ2)を購入した。届いたのは16日で、本格稼働させたのは18日からだから触ってまだ4日しかたってないけど、本当に買ってよかったと涙を流して切に思う。この4日で5万円の元は取った。

 

 

でもオキュラスで購入した(購入できる)アプリがそんなに多くないし、これがやりたい!ってのも多くないので64GBの方にしとけばよかったかもしれないとも思っている。

 

じゃあVRヘッドセット買って3日も何やってんの?って疑問が湧いてくるだろう。

 

 

インサルトオーダー

これにVR対応MOD入れて遊んでます。

 

VRのエロゲといえば

カスタムオーダーメイド3D2 (COM3D2)

が真っ先に浮かんでくる人もいるだろうが、キャラメイク用のMODやらなんやらが充実していない人だとフルで楽しめないのでインサルトオーダーの方をお勧めします。

 

以下、動かしてるPCスペック・必要な道具とかいろいろ

 

PC環境

OS:win10

CPU:intelCore i7-3820

メモリ:16GB

グラボ:DUAL-GTX1050TI-4G asus

 

Oculus Quest 2とPCを接続するために必要なもの

公式のLINKケーブルではないですが動作しました。

公式には「USB3.0のポートにつなぐことを推奨している」とありますが、最悪なくても2.0につないでも問題なく動きます。

 

 

PCに入れておくソフト

公式HPから「オキュラスクエストのソフト」を入れる。

OSがwin10のみ対応、グラボのスペックによっては非対応で導入すらできないので注意。

ちなみに私はGTX560Tiとかいう化石グラボを使っていたので導入できなくて1日泣きながらメルカリで安いGTX1050TI購入して取り付けた。

 

 

スチーム入れる。スチームからスチームVR入れる。 

これでsteamで購入したVRも遊べるようになる。

 

 

インサルトオーダーを遊ぶ

ここに書いてある通りにVRMODを導入し起動する。

 

移動や視点移動慣れるまで酔うかもしれんが慣れると割と自由に動ける。

 

 遊んだ感想

うおああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

目の前にいるぅうううううううううううううううう!?!!?!?!?!!!!!!!!!!!!!!!

360°舐めまわすように見えるううううううううううううううううううううううううううううううううううううう!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

下からみたり上から見たり横から見たりオッサンの目線で見たり第三者の視点からみたりもできるうううううううううううううううううううううううううううううううううううう!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

(*´Д`)ハァハァ

(*´Д`)ハァハァ

 

(*´Д`)ハァハァ

 

(*´Д`)ハァハァ

 

(*´Д`)ハァハァ

 

(*´Д`)ハァハァ

 

(*´Д`)ハァハァ

 

(*´Д`)ハァハァ

 

(*´Д`)ハァハァ

 

( ´ー`)フゥー...

 

 

VRモードにするとキャプとっても真っ暗な画像しか撮れないので写真は無いです。

その目で見て確かめてみよう!

GTX1050TI でもぬるぬる動くし割とキャラもきれいに描写されていた。

グラボやそのほかのスペック上げたらもっと綺麗に見えたり動いたりするのかな?買い換えたい。このPCを。

 

風俗1日1万として7日も遊べばもうアド確定だから1年で360万もアド!みこにそみの新作も楽しみだからみんな1億本買おう!

 

見たアニメ 2020年冬アニメ 1話の感想

他に見たら追記する

 

 

呪術廻戦

nico.ms

漫画は1話から読んでて最新話まで本誌単行本ともに追いかけてる。

ナルトブリーチHUNTER×HUNTERぜんぶ打ち込んで煮込んだジャンプ新世代のバトル漫画になったという印象があるけれど、最初の頃は白の代わりに黒になったBLEACHだとか、オサレポエム抜きのBLEACHだとかまあ今みたいに続きを渇望するような漫画になるとは思っても見なかった状態だった。

というのも、主人公が敵の呪いによって力を得て~だとか、特殊な学校に入学して~というような設定は当時からもありきたりで、結局は主人公がその力を征服して、使いこなして、適当な敵倒して終わり!みたいな展開が続くんでしょwみたいな空気が確かにあった。

しかし呪術廻戦は、主人公が体内に取り入れた力がマジモンのラスボス級の力で、序盤から出てきてた先生がそのマジモンのラスボス級と対等に戦えるかそれ以上のレベルの(敵側からすれば)ラスボス級の強さで、対峙する呪い達の勢力は一癖も二癖もある魅力のある敵たちで、能力(呪術)も多種多様で、バトルシーンはHUNTER×HUNTERみたいに多くを語らず能力はひたすら秘匿するスタイルで、人間側にも色々事情があって、序盤でのやり取りも後の伏線になって........と回を重ねるごとに面白さが出てくる漫画になった。特に京都との交流戦から面白さが跳ね上がった。

 

今改めて1話を見ると、普通の学校の百葉箱に両面宿儺の指置いとくザルな保管のせいで今の滅茶苦茶が起きていると思うとなんだか笑けてきた。最初の頃のこの漫画の低めの評価の原因はそこに起因してるんじゃないか?虎杖の異常な身体能力は最初から持っていた物、という設定もそうだが。

 

 

無能なナナ

無能だとバカにされていた男のナナではなく本当の”無能力者”のナナは転入してきたピンク髪の女のナナで、転入理由は超能力者を全員抹殺すること。という叙述トリックみたいな綺麗な主人公の入れ替わりから1話がスタート。

”孤島の学園で侵略者と戦うために集められた勇者を育てる”というのは偽の情報で”過去に能力を使って虐殺をしたやつがいるから隔離のために孤島に集められてる”という状況。能力者には普通に戦っても太刀打ちできないから暗殺者送り込んでなんとか全滅させてくれ、というストーリーは『新世界より』や『進撃の巨人』を彷彿とさせる。

あちらでは世界も文明も一度滅び、歴史はいいように作り変えられて能力を持たない人間は人間でない姿にされ...とこの手の設定の漫画や小説は多くあるから何でも比べればいいってもんじゃあないか。

原作はガンガンで連載中なんだけれど、どこまでアニメ化するんだろうか。何クールも続くような気迫は、感じられない。

 

ヒプマイ

・・・・・・ああ!

 

魔女の旅々

話よし、キャラもよし、細かい作画も何もかももよかった。2話以降も見る。原作知らないアニメの中では一番良かったまである。

 

いわかける!

まあ面白かった。2話目以降も見る。

 

 

くまクマ熊ベアー

VRゲームやってたらそれそっくりな世界に異世界転生しちゃったという、斬新で新しい設定の神アニメ。

2話以降は見ない。

 

魔王城でおやすみ

安眠特化の『姫様”拷問”の時間です』みたいな感じで面白かった。

でびあくまが可愛すぎた。これが本当のくまくまくまべあーだった。

 

 

読んだ漫画9/10~10/8まとめ のぶ/ニャイトオブザリビングキャット/ラス為/

 9月後半全く新刊買う漫画出なかったので2回しか更新できなかった。

 

帝国の皇帝の王子が敵国の王女と政略結婚のお見合いをする前日、断る理由を考えながら宿から逃げ出して古都の様子を視察。

そして街角でぶつかった可憐な女性に一目惚れ(可憐な金髪白肌眼鏡で博識)

奇しくも文面でしかやり取りしたことのない憎き敵国王女と同じ名前の女性の正体は一体何ものなのか!?

 というベタベタな出会いから結婚までが11巻の流れになっています。

 

f:id:gasuki432:20201008125822j:plain

私はこういう典型的なラブコメが好きです。

 

婚約話の前後にも合った”エール/ホップ問題”に引き続き”バニラ”も禁輸指定されてることが判明してまたなんかひと悶着ありそうな感じも匂わせつつ、現実世界の方でもしのぶちゃんの家問題でなんか解決して一皮むけた感もありつつで、とてもいい巻でした。

 

 

web漫画

ニャイト・オブ・ザ・リビングキャット

f:id:gasuki432:20201008130937p:plain

ニャイト・オブ・ザ・リビングキャット - 原作:ホークマン/作画:メカルーツ / 第1話「すべてが猫になる」 | MAGCOMI

一番のオススメ。

猫×ゾンビ物というありそうでなかった設定。

猫の遺伝子改変による影響で未知のウイルスが発生。吸引すると吸った人間が猫になるというすばら...恐ろしい猫パンデミックが発生した世界で生き残りをかけて戦う男たちの話。

1話冒頭で仲間の男が猫にスリスリペロペロモフモフされて体が猫になっていくシーンはうらやま....恐ろしくて震えた。

猫はゾンビみたいなおどろおどろしい形状をしているわけでも、デフォルメされているわけでもなくしっかりリアルの猫なのが高評価。劇画調で中身はシュールギャグキャットフルホラー。

主人公の男は猫大好きなので猫に嫌われたくはないのに猫と戦わなくちゃいけない過酷な運命を背負ってる。テンポが良い。ダンジョン飯のノリにかなり近い気がするのでぜひ読んでほしい。

 

悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします

f:id:gasuki432:20201008131602j:plain

いわゆる”悪役令嬢”モノ。交通事故で死亡して乙女ゲーの中に転生して~というテンプレートは『はめフラ』が確立したのかはわかりませんが、これも全く同じ内容からスタートします。

はめフラは自らの保身からルート改変を志しますが、『ラスため』は転生先の王女があまりにも残虐外道な所業の数々を犯すことが確定していたので全力でそれを阻止するという話。

絵がいい。かわいい。

 

 

ゴッドオブブラックフィールド

f:id:gasuki432:20200917211332j:plain

ゴッド オブ ブラックフィールド|無料漫画(まんが)ならピッコマ|雲 SIN 武将

無限にTwitterとかで広告出てくるから評判調べたらまあまあ良かったので読んでみようと思って読み始めました。ちなみに広告はこんな感じのやつ。見たことある人もいると思います。

f:id:gasuki432:20200917211416j:plain

母親の語学マウント?親子?(どう見てもオッサン)とまあツッコミどころ満載だった上に、この手のクソ広告にありがちな「そこ切り抜いて広告にするの作品の良さ全く出せてねえやん!詐欺か!」みたいなところ切り抜いてるあるあるが炸裂してました。この広告見て知り得る情報は「フランスマウント」「フランス人が転生した」くらいなもんですが、この話出てくるのは中盤の、しかもストーリーとストーリーの閑話的なところでした。意味ねえだろそこ切り抜くの。

 

あらすじは

フランスの軍人だった主人公が秘密作戦中に死亡、どうやらこちらの作戦が敵に筒抜けだった様子。意識が朦朧としていたが目を覚ますと日本の、イジメを苦に飛び降り自殺を図った高校生の肉体に魂が乗り移っていた。リハビリがてらイジメてたチンピラ相手に無双したりしてたら暴力団に目をつけられて---

みたいな感じで進んでいきます。まだ読んでる途中(16話くらい)ですがまあありきたりとは言わないけれど転生ブームな今ならよくあるアレやな~って感じです。抽象的すぎる?読んでみてその目で確かめよう!

 

韓国原作の漫画なんですが、縦スライドで読んでく漫画です。

アジア系の漫画ってかなりの割合で縦スライド読みの漫画が多いのが文化が違う~って感じで馴染まない。タテの国とか、日本でも最近は縦読みの漫画の普及が進んでるけれど、コマ割とかが単調になりがちだから特に迫力があるバトルシーンとかが塩っぱく感じる。

GOBFもバトルシーン多めだけれど、そういうところ改善した漫画がないかな~

 

CUFFS~傷らだけの地図~

f:id:gasuki432:20200917211035j:plain

https://www.sukima.me/book/title/gomabooks0000001/ (無料で読めるスキマ/途中まで完全無料で続きからは時間で無料)

 

あった!あったよ!バトルシーンがしっかりしてる漫画だよ!

上の”ゴッドオブブラックフィールドが丸パクリした”ともっぱら話題の漫画がこのカフスです。スキマで無料で読めます。

あらすじは

喧嘩無敵のチンピラだった主人公はヤクザに銃で撃たれ死亡する。

目を覚ますと何年も昔に捨てた女の息子の体に転生しいた。息子はイジメを苦に自殺を図っており、転生後はイジメてたチンピラ共を成敗したり、他の高校のチンピラや暴力団を壊滅させたりするのであった。

 設定をここまで丸パクリした漫画が韓国で出せるんですね。しかも人気らしい。すごいですね。

カフスのが滅茶苦茶面白かったと感じました。全体的に昭和の不良漫画だけれど、バトルシーンや台詞回しがかっこいいのでこっちを読みましょう。

 

10月買う漫画 備忘録 

2日

 

呪術廻戦 13 (ジャンプコミックスDIGITAL)

呪術廻戦 13 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

 

 

 

 

8日

 

弱虫ペダル 69 (69) (少年チャンピオン・コミックス)

弱虫ペダル 69 (69) (少年チャンピオン・コミックス)

  • 作者:渡辺航
  • 発売日: 2020/10/08
  • メディア: コミック
 

 

12日

 

 

13日

 

カードキャプターさくら クリアカード編(9) (KCデラックス)

カードキャプターさくら クリアカード編(9) (KCデラックス)

  • 作者:CLAMP
  • 発売日: 2020/10/13
  • メディア: コミック
 

 

14日

 

パリピ孔明(3) (ヤンマガKCスペシャル)

パリピ孔明(3) (ヤンマガKCスペシャル)

  • 作者:小川 亮
  • 発売日: 2020/10/14
  • メディア: コミック
 

 

 

16日

 

ジョジョリオン 24 (ジャンプコミックス)

ジョジョリオン 24 (ジャンプコミックス)

 

 

 

それでも歩は寄せてくる(5) (KCデラックス)

それでも歩は寄せてくる(5) (KCデラックス)

 

 

 

双亡亭壊すべし (19)

双亡亭壊すべし (19)

 

 

 

よふかしのうた (5)

よふかしのうた (5)

  • 作者:コトヤマ
  • 発売日: 2020/10/16
  • メディア: コミック
 

 

 

ポンコツちゃん検証中 (6)

ポンコツちゃん検証中 (6)

  • 作者:福地 翼
  • 発売日: 2020/10/16
  • メディア: コミック
 

 

 22日

 

好きな子がめがねを忘れた(6) (GCJ)

好きな子がめがねを忘れた(6) (GCJ)

  • 作者:藤近小梅
  • 発売日: 2020/10/22
  • メディア: コミック
 

 

23日

 

ヴィンランド・サガ(24) (アフタヌーンKC)

ヴィンランド・サガ(24) (アフタヌーンKC)

  • 作者:幸村 誠
  • 発売日: 2020/10/23
  • メディア: コミック
 

 

 

波よ聞いてくれ(8) (アフタヌーンKC)

波よ聞いてくれ(8) (アフタヌーンKC)

  • 作者:沙村 広明
  • 発売日: 2020/10/23
  • メディア: コミック
 

 

 

金田一37歳の事件簿(8) (イブニングKC)

金田一37歳の事件簿(8) (イブニングKC)

 

 

 

異世界おじさん 5 (MFC)

異世界おじさん 5 (MFC)

 

 

 

水溜まりに浮かぶ島(2) (イブニングKC)

水溜まりに浮かぶ島(2) (イブニングKC)

  • 作者:三部 けい
  • 発売日: 2020/10/23
  • メディア: コミック
 

 

30日

 

ぽんこつポン子 (7)

ぽんこつポン子 (7)

  • 作者:矢寺 圭太
  • 発売日: 2020/10/30
  • メディア: コミック
 

 

かなりアツい漫画が揃ってる10月。ヴィンランド・サガ早く続き読みたい。

読んだ漫画 9/1~10 進撃の巨人/マイホームヒーロー/ドM女子とがっかり女王様などなど

9月は新刊が前半に集中しているので一気に買ってきた。

あと先月末に出た漫画で変えてなかったやつ、新しく気になってきた漫画も買ったのでなんだかんだ冊数は多くなった。

 

 マイホームヒーロー(12)

 マイホームヒーローはヤングマガジンで連載中のサスペンス漫画です。主人公の鳥栖は、娘が付き合っている男がヤクザの息子で、妻の実家の金の強奪を目的に付き合っていることと、切れやすい性格が災いして娘を殺そうとしていることに偶然気がついた父親がそのヤクザ息子を殺してしまう、というところから1話が始まります。

 

そこから話がかなり進み、12巻ではその妻の実家の村(宗教団体)にヤクザの集団が押し寄せる事態となります。実はこの巻に至るまで、ヤクザたちは鳥栖家が"ただの年商5,6億の呉服屋”だと思っていたんですね。それは読者側にも伏せられていた情報で、ずっとなんでこんなヤベえ宗教団体のカネを狙ってんだこのヤクザたち・・・と思っていましたし、無策にも村に突っ込んできたときには速攻であの2章の導入部分につながるのかと思っていたけれど、そこはヤクザ側が一旦引く形で終わったのでまだまだ先になりそうです。

 

宗教集団VSヤクザの”戦争”が始まると同時に、宗教サイドとヤクザサイドの今までしてきた”仕込み”が明らかになりました。色々秘策を用意していたこの開示シーンで殆どの伏線というか、前準備のために伏せられていた情報は出きったんじゃないでしょうか。あとは戦争するだけだ!って感じです。

 

鳥栖は家族を見事奪還して逃げ切れるのかが見ものですが、2章の導入部分の未来は絶対なのでどうなるんだ。

 

 

ハンチョウ(9)

 64話~71話が収録。最初から最後まで全部面白い。

スピンオフながら9巻もやってると色々オリキャラが増えてくる。今回は再登場キャラが多くて”一話完結でない一話完結”のような様子を見せられた。

木村さんの再登場率がとても高い。

名前も知らない取り留めのない話ができる人との飲み会回とても良かった。実際はこんな飲み会したこともないしできる気もしないが。なんかこういうのいいな、と思わせる話作りが上手い。

 

プラチナエンド(13)

 次巻14巻で完結?らしい。博士との対峙と最終決戦が目前。今回の話は哲学的な要素が多い。どこまでが博士のシナリオどおりの展開なのか。思想を張り巡らせるバトルの最後の局面で、手駒が一気に減ってしまったのは絶望的な展開になった。

 

 進撃の巨人(32)

 タイトル伏線回収する神展開になった。

エレンのラスボス感すごい。

あと2,3巻で終わりそうな展開になってきとる。

 

そう言えば以前誰かが「タイトルが壮大な伏線というか、作中の重要な部分でキャラがタイトルを読み上げるシーンがある漫画は神漫画なんだけれど、”進撃の巨人”の作中での出し方がショボくてがっかりした」みたいなTweetを見たことがあった気がする。それは数巻前のエレンが記憶取り戻して~みたいな下りでチョロっと出てきたときのことだったのか、今回の最後の話での事を言ってたのかは時期が思い出せないのでなんとも言えないけれど、今回の最終話の魅せ方はとても良かったと思った。

 

 ドM女子とがっかり女王様(1)

 特殊性癖特化の百合ギャグ漫画。タイトルの略し方を教えてくれ。公式では何も言っていない。

 

 

1話読んだ瞬間にツタヤで1巻買ってました。買って大正解ってくらい面白かったです。SM両刀女子と見た目最高のバカとイカレ先生とカースト上位女子が出てきます。ギャグのテンポがとても良い上に特殊性癖描写が妙にえっちいので変な気持ちになります。

 

特に良かったのは4話『罰ゲーム』と6話の『逆トイレトレーニング』です。Kiss×Sisの三国ちゃん以上のおしっこ回が出てくるとは思いませんでした。歴史を変えた漫画になりました。