週刊ガスキー

毎週更新(大嘘)

売った漫画(17/10/18)

宝石の国 (1~2)

・大変申し訳ないことに絵柄が合わなかった。絵が苦手というわけではなく、キャラの読み分けが出来ないという部分で2巻までで頭に話が入ってこなくなったので、単純に読み手である私の脳の問題である。アニメは見ているが面白い。

 

トムソーヤ

・随分と長い間本棚にあったが久々に読み返して売ることを決意した。高橋しん作品を買い漁っていた時期があったのだが、それは「最終兵器彼女」にハマってた時期に当てはまる。その後も「かなたかける」とか「雪にツバサ」も購入したが全部合わなかった(花と奥たん、は面白かった)。そこで気がつければよかったけど、やっぱり高橋しん最終兵器彼女だけが面白かったんだ。最終兵器は何度か読み返したくなるけれど、短編集はどうにも気に入った話がないと読み返すことはない。

トムソーヤ (ジェッツコミックス)

トムソーヤ (ジェッツコミックス)

 

 

ねこぐるい美奈子さん(1~2)

・調べてわかったけど4巻まででいたらしいが、2巻しか持ってなかった。狂気的なまでに猫が好きな美奈子さん(たち)が猫を愛で続けるギャグ漫画だが、俺が猫を愛でてる姿と何ら変わらないことに気がついてしまったので売った。

ねこぐるい美奈子さん 1 (ヤングジャンプコミックス)

ねこぐるい美奈子さん 1 (ヤングジャンプコミックス)

 

 

あるみちゃんの学習帳(1~2)

 ・ライアーライラーと同時期に連載してこっちは2巻で打ち切られた漫画の方。金田一著書は大抵持っているが打ち切りが多い漫画家でもあるので1巻読んだ時に(これはもしかして)と思ったがやっぱりすぐ打ち切られた。内容はマッドサイエンティストの兄が妹をロボットにして蘇らせて~でもその妹が人間に恋をして~みたいな内容だったが特筆すべきオモロイ点はなかった。南無。

あるみちゃんの学習帳 1 (ヤングジャンプコミックス)

あるみちゃんの学習帳 1 (ヤングジャンプコミックス)

 

 

マギ(30)

・マギ29巻まで買って、あまりにもその辺の展開が頭に入ってこなくて売っちまったけどなぜか30巻を間違えて買っちまったのでこれだけ残ってたので今日売った。売る前に読んでみたが面白かったので29巻まで売ったのを後悔したが、その後2,3巻ずっとシンドバッドが語ってるだけで終わるらしい。先週だかサンデーでの連載が終わり、最終話だけ立ち読みしたが、モルジアナが可愛かった。

マギ 30 (少年サンデーコミックス)

マギ 30 (少年サンデーコミックス)

 

 

 

真亜ちゃんは今日も家にいたい(1)

アキバblogで紹介されていたのを見て購入した。漫画の新規開拓は大抵レビューブログかアキバblogの紹介を見て買うんだが、読んでビックリ死ぬほど後悔した。真亜ちゃんは可愛いが付き合ってる男が不快極まりないほどの気分屋の男でストレス源でしかなかったのが原因だった。アウトドアスポーツ紹介漫画としては、出不精の真亜ちゃんを外に連れ出して楽しい思いをさせていく流れを作らなきゃ読後感がよくないのだが、クソ男のせいでただただ真亜ちゃんが引っ張り回されてるだけの漫画になってる気がしてしょうがなかった。

真亜ちゃんは今日も家にいたい 1 (ゼノンコミックス)

真亜ちゃんは今日も家にいたい 1 (ゼノンコミックス)

 

 

ぶっせん(上中下)

 ・記憶にない

ぶっせん コミック 全3巻完結セット (F×comics)

ぶっせん コミック 全3巻完結セット (F×comics)

 

 

ストレッチ(1~2)

 ・二人の関係を情報を小出しにして行く見せ方は良かったが、ストーリーに起伏がなくて南無

ストレッチ(1) (ビッグコミックススペシャル)

ストレッチ(1) (ビッグコミックススペシャル)

 

 

小林さんちのメイドラゴン(1~3・5)

 ・4巻を飛ばして買ってしまって心が折れた

 

千と万(1~3)

 ・ストーリーもクソもない日常漫画で3巻で打ち切られた。読み返すことはない。

 

エウレカセブン(1~6)

 ・アニメ版が至高

 

無敵の人(1~3)

 ・事故によって感情が無くなった天才雀士の話だったが、敵を倒す方法が相手の思考を読む・打ち方を全て記憶してるのでそれを参考に倒す、の2点のみで最後の敵には感情を取り戻し根性で勝つみたいな超絶展開で4巻にして打ち切られた。4巻は買わずに連載を立ち読みした。週マガで連載する内容じゃなかった感すごかった。

無敵の人(1) (講談社コミックス)

無敵の人(1) (講談社コミックス)

 

 

イヴの時間(1~3)

 ・映画版で十分である。コミカライズは原作を超えられないのが問題。超えてるなと思っているのは最近では「氷菓」くらいである。氷菓は、えるたそが可愛い。コミカライズでも異常に可愛い。だからずっと読めるし読みかせるの。

 

だめてらすさま。(1)

 ・はじめてのあく(前作)は非常に面白かったし長期連載となったのだが、今回のだめてらすは本当にダメだった。話が頭に入ってこないし展開が意味分からん。主人公のコーヘイが神になる話なのか、アマテラスを更生させる話なのか、ラブコメなのかもわからないまま話が停滞し、最終的にはバトルして終わった。3巻で打ち切りになってしまったようだが当然とも言える流れだった。新作に期待したい。 

だめてらすさま。 1 (少年サンデーコミックス)

だめてらすさま。 1 (少年サンデーコミックス)

 

 

ダンジョンのほとりの宿屋の親父(1)

 ・異世界モノというジャンルはクソしか産まないし、そのクソジャンルの中で色を出そうとするとこういうクソが産まれる。素直にダンジョンのほとりの宿屋の親父を主人公にして、そのダンジョンを訪れるいろいろな勇者を相手にするギャグ漫画ならまだ面白かったのかもしれんが、まさかクソみたいな勇者1人をずっとメインキャラとして出し続けるとは思わなかった。いや連載読んで買えって話だな。なんでこれを買ったのかというと、この1話の最初の部分だけTUTAYAの店頭広告でデカデカと飾ってあったからだ。その部分だけは確かに面白かった。数百ページある漫画のその部分だけは。全体を通してお下劣多めの糞漫画だった。

 

ウミショー(1~9)

 ・久々に読み返したが途中で意識が朦朧としてそのまま売ってしまった。

ケンコー全裸系水泳部 ウミショー(1) (講談社コミックス)

ケンコー全裸系水泳部 ウミショー(1) (講談社コミックス)