読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週刊ガスキー

毎週更新(大嘘)

シュタインズゲート ゼロ プレイ5日目

岡部視点

かがりの中にはやはり紅莉栖の記憶が混在している。

かがりと一緒に買い物に出かける岡部。

カップラーメンたべてもいいのか!ああいいぞ、たくさん食え・・・

(かがりかわいい)

かがりを紅莉栖と重ねてしまう岡部。紅莉栖の記憶に侵食されている現状だが、もし完全に紅莉栖の記憶に支配されたら、かがりは紅莉栖になるのでは、と考えてしまうマッド・サイエンティスト岡部。

ここで、かがりがかがりの記憶が暴走して未来のことを思い出し、倒れてしまう。

 

目を覚ますと、かがりの様子がおかしい・・・

紅莉栖の記憶に支配されている様子

 

比屋定に助けを求める。

紅莉栖の記憶を完全に消さないと、根本的解決にならないからだ。

比屋定にタイムマシンのことを話す。

(理論は紅莉栖のものだと伝えるとやっと納得するチョロイ)

 

内部人間もしくはスーパーハッカーでないとamadeusに接触できない。

論文一つしか発表していない紅莉栖の記憶をわざわざ移植する意味が無い

→タイムマシンの理論が脳にあることを知っている誰かのしわざではないのか?

→中鉢博士(紅莉栖の父親)なら知っている。ロシアに亡命したが幽閉状態にある

 

第三次世界大戦はEUとロシア、横槍のアメリカによるタイムマシン略奪戦争だったということからも可能性はある。

 

amadeusは封印する記憶は喋れないが、生身の人間なら自白剤を使えば話すことができる(なるほど)

 

人格と記憶は脳の別の場所に記録される。このままではかがりの人格は破壊されてしまう。

 

かがりの正しい記憶データを、ちゃんと上書きすればあるいは、という結果に。

侵入者からすると西の軍隊...ライダースーツの女が阿万音由季である可能性を拭い切れない。

 

比屋定視点

比屋定のオフィスが荒らされている。

彼女とレスキネン教授の机は破壊され破壊され何かを奪われた?

→何も盗まれていない。

レスキネン教授「君のPCは奪われないかい?」→真帆「あれはホテルにあるから大丈夫です」(くっそ怪しいやり取り)

 

PCはあった(良かった~)

ダルにハッキングさせようそうしよう。

 

岡部視点

結局記憶を圧縮するためにはセルンのデータが必要なのでハッキング。

Dメールを送っていないから感知されないはず

 

かがりがもう自我を紅莉栖だと思い込んでるようになってしまっている。かなりまずい状態。

 

気分転換に散歩

紅莉栖といったことのある場所に行きたいとかがり、ラジ館へ。

(ここでのやり取りはものすごく切なかった)

 

ずぶ濡れになったためるか子宅へ。

かがりが完全に混乱し倒れる。

一刻も早く対処しなくてはならない。

 

ラボへ

比屋定とダルの発明が完成

比屋定に着信→(やな予感)→ホテルが荒らされた

→(やっぱりレスキネン教授クソ怪しいやんふざけんな)

PCはダルの秘密のアジトにある。(セーフ)

これは囮に使えるかもしれない。

誰かに連絡を取る岡部。

 

謎の人物目線

街を歩く椎名かがりを拉致するため数人で囲い込む。

天王寺と変装していた鈴羽がボコボコにする。

岡部が連絡したのはシャイニングフィンガーで、偽の情報を流してもらっていた。

(岡部刺される。)

天王寺めっちゃかっこいい

敵はストラトフォー裏のCIAと言われるアメリカの機関だった。

 

(ここでのかがり紅莉栖とのやりとりもかなり切ない)

 

K6205のフラグがここで生きてくるのか....

 

ストラトフォーにラボが囲まれる。

敵が乗り込んでくる瞬間、ダルからのデータ圧縮の着信が来る→(ルート分岐)

(両方だけちょっとだけ試した)

・着信にすぐに出る→暗転、二律背反のデュアル継続

・迷いを見せ、拒否を押す(最後まで着信に出ない)→1.064756 相互再帰マザーグース

 

今回は最初に選択した最後まで押さずに、マザーグースへのルート選択。

 

セーブしてちょっとだけ頭見てみた「すぐに出る」ルートは

岡部がラボで目を覚ます。するとラボの奥から紅莉栖が「ちょっと岡部、こんなところで寝てると、風邪引くわよ・・・」と声をかける・・・という始まり方でした(´°ω°`)